安心の消費者金融

ローンが組めなくなるのか

消費者金融については、世間的に不安が多い為か、誤解されている点もあります。その1つが、消費者金融でお金を借りるとローンが組めなくなるという誤解です。消費者金融でお金を借りても、各種目的別ローンを組むのは可能ですし、クレジットカードを作るのも可能です。実際に消費者金融を契約中でクレジットカードを作る人もいれば、マイカーローンを組む人もいます。

 

何故消費者金融を利用するとローンが組めないという話が広まったのか、恐らく与信枠などで審査に落ちたケースと混同してしまわれたのがかもしれません。

 

消費者金融に限らず、各種ローンやクレジット契約を結ぶと、それだけのお金を借りたり自由に使えたりします。

 

例えば限度額30万円のクレジットカードを持っているとしたら、現在使用していなくても、いつでも30万円分の買い物ができる状態となります。消費者金融や各種ローン申込時には審査がありますが、この状態だと、いつでも30万円借金をできると踏まえた上で、その上でいくらまで貸付け可能かを判断されます。

 

消費者金融も同じで、限度額50万円のカードを持っているとすれば、各種ローン審査でも、その人の借入れ可能と思われる金額から50万円分差し引いて貸付金額を決定します。余程収入に対してギリギリのローンを組むというのでなければ、各種ローンの審査も普通に通ります。

 

ローンを組む際には多くは保証会社が審査を行っているので、カードローン利用時に保証会社が絡む場合には将来的な利用を考えて返済は特に注意をしておかなければなりません。

 

保証会社に悪い情報が保有されるとその後の審査も当然ながら影響をしてしまうので、銀行で借りる際にオリックス銀行カードローン保証会社のように多く用いられる保証会社を利用する契約となっている場合には、毎月の返済は遅れずに行うようにしましょう。

 

しっかりと返済をしていればローン審査に悪影響が出る可能性も低いですが、返済に関するトラブルがあるとさすがにローンも利用ができなくなってしまうのです。