安心の消費者金融

消費者金融の返済は辛いのか

消費者金融で借りたお金が返済できなくなって、破産するのではないかという心配は、世間に根強くあります。消費者金融で借りた後の返済はどれ程辛いものなのでしょうか。

 

例えばアイフルの場合、35日毎の返済のサイクル制と、毎月決まった期日までに返済する約定日制があります。返済額は最終の借入れ直後の借入残高によって決まります。

 

毎月の返済である約定日制の場合、10万円以内の借入であれば、毎月の返済額は4,000円です。少額の借入であれば、消費者金融でお金を借りたとしても、それ程多くの返済は求められません。むしろ消費者金融は、借りたお金に対してコツコツと返済をしていくイメージとなります。

 

ただし、無計画に借入れを繰り返していけば、毎月の返済額も上がっていくので注意が必要です。借入れ直後の残高が10万円を超えると、毎月の返済額は8,000円に上がります。10万円を超えるか超えないかで、返済額がいきなり倍になります。

 

その後は借入残高が20万円を超えると11,000円の返済、40万円を超えると13,000円の返済と、段々返済額も上がっていきます。

 

借入を繰返し、限度額が100万円を超えると、毎月の返済額は27,000円となります。毎月27,000円消費者金融に返済し続けるのは、大変です。消費者金融でも借入れをし過ぎると、返済の負担が多くなる点には注意しましょう。

 

負担が大きくなった場合には借り換えやおまとめを考えるタイミングでもあり、低金利でのオリックス銀行のおまとめローンなら消費者金融での借入れと比べて大幅に負担が軽くなる可能性があります。

 

毎月の返済はもちろん、最終的な返済総額も圧縮できるようになるので、消費者金融での返済が大きくなってきたと感じる場合には借り換えやおまとめローンの利用を考えてみましょう。